キャバ嬢に使えるメールテクニック

メールはシンプルに

 

 

最後にご説明するのは、 シンプルです。

 

前のページでも書いたように、
「冷たいメール」を送ることが、このノウハウのポイントですので、
絵文字とか無意味な長文のメールは送らないほうがいいです。

 

あなたがワイワイ騒ぐキャラで売っているのであればまだしも、
おとなしく渋めに飲んでいるのに、
メールにハートマークとか笑顔マークとかついていたら気持ち悪いだけです。

 

用件だけ押さえて書いてしまって後は終了です。

 

大事なのは、
『嫌なやつ』から『実はいい人』と思わせることです。

 

“いい人”を演じているお客さんも多いので、
さらに“なんか違う”と思わせることが出来るのです。

 

“実は”って思わせておくことによって最初のイメージとのギャップが発生して、
“すごくいい人”になるわけです。

 

ここが一番大事なポイントです。

 

あなたにもこのメールテクニックを上手くつかって
キャバ嬢を口説いていただきたいと思っています。

 

※くわしいレビュー記事をご覧になりたい方はトップページへ

 

関連ページ

謎の「日記」メール
元キャバ嬢・立花みゆが教える『人気キャバ嬢達が次々と落とされた口説きテクニック』を購入して徹底公開!キャバ嬢とのコミュニケーションの一つとして使えるメール。たかがメールと思われますが、されどメールなのです。メールを侮ってはいけません。
メールの頻度
元キャバ嬢・立花みゆが教える『人気キャバ嬢達が次々と落とされた口説きテクニック』を購入して徹底公開!キャバ嬢とのコミュニケーションの一つとして使えるメール。たかがメールと思われますが、されどメールなのです。メールを侮ってはいけません。